あれもこれもというわけにはいかないのが、住まい選びでしょう。あなたの場合は、何を優先させたいかはっきりしていますか。

優先順位を定めることがカギ
優先順位を定めることがカギ

優先順位を定めることがカギ

自分が住みたいと思う理想のエリアと、実際に住むことができるエリアというのは、必ずしも同じにはならないでしょう。
その理由として、さまざまな要素が挙げられます。
たとえば、職場からの距離を考えるときに、どう考えても住むことが難しいように思えるエリアでは、それは夢にすぎません。
一方、地価が異常に高い日本、とくに東京では、希望するエリアの地価、またはマンションや住宅の価格を調べてみると、とてもではないけれど手が届かないことに気づいてしまうケースもあります。
とくに、東京でも上野、日本橋、新橋、赤坂などのエリアは、なかなか希望通りの物件を見つけたとしても、購入には至らないかもしれません。
ですから、そのようなときには、同じ東京都でも少し目を外に向けて、中野、蒲田、北区、足立区、杉並区、荒川区、立川市、武蔵野市、三鷹市あたりを検索することになるかもしれません。
しかし、それでも地方都市に比べるとマンションの価格が高いことには変わりがありません。
そうなってくると、さらに郊外になって、埼玉や千葉に目が向くかもしれません。
しかし、そのようなところまで行けば、ある程度満足できる物件を、3000万円以内で購入することが可能になるかもしれません。
しかし、その先には、長時間の通勤が待っています。
日本の住宅事情、とりわけ首都圏の場合は、なかなか自分たちの望むような住み方ができないのが現実です。
しかし、そのような中でも、最大限の工夫をしていくことならできるでしょう。
とくに、住まい選びをする際には、自分たちの中での優先順位を定めておかなければなりません。
大前提として、理想を追求して、そのすべてを叶えることができるのは、ごく一部の限られた人たちだけでしょう。
ですから、まず何を優先させるのか、両方を望むことができない場合は、どちらを手に入れることが自分たちにとって利益となるのかをよく考える必要がありそうです。
なかには、手狭な物件で、しかも中古マンションでもいいので、なるべく通勤時間を短縮できるような、立地条件のいいところに住みたいという人もいます。
そのような場合、優先順位はエリアになります。
たとえば、サラリーマンの聖地である新橋に住もうと思うとそのような選択になるでしょう。
たしかに、新橋に住めば、家賃や購入金額の関係から、住まい自体には妥協が求められるとしても、周辺環境は抜群にいいかもしれません。
通勤も、もしかしたら徒歩でも済ませられるかもしれませんし、居酒屋もたくさんあるので、行動もしやすいでしょう。

Copyright (C)2015優先順位を定めることがカギ.All rights reserved.